公的申請

地域によって異なる申請・手続きもスムーズに

医院やクリニックを開業するためには、保健所や社会保険事務局などへの申請や手続きが必要です。すべての申請が正確に行われなければ、予定日通りに開業できないことになってしまいます。 しかも、地域によって添付する書類や手続きの方法、締め切りなどが異なりますので、慎重かつ正確な処理が求められます。 開業時期が決定したら、早い段階で申請すべき書類や手続きをチェック。しっかりと打ち合わせを行い、各種手続きから開業までの流れをスムーズに運びます。

早い段階から「届け出チェックシート」で確認

各種申請の中でも、保健所への届出は最初のハードルです。よく「開業前の大仕事」などと言われますが、多数の実績と知識・経験でしっかりとサポートしますのでご安心ください。保健所への事前相談なども代行し、確実な手続きを進めます。 また、各市町村によって異なる審査基準や立ち入り検査の時期など、細かい点まで調査・確認いたします。

専門家の力を結集し、各種書類を作成します

申請は医療関連・雇用関連・税務関連の大きく3つに分けられます。税理士や労務士が必要な届出は、当社顧問の先生たちと協力しながら確かな書類を作成します。さらに、事前に診療内容や方針などを伺った上で、請求のとりこぼしがないように保険点数の申請も行います。多くの現場を経験してきたスタッフが開業までご一緒に歩んでいきます。

PAGETOP